当山のご案内
HOME
本堂
坐禅堂
花園会館
その他の建物
境内
年中行事
法要ご案内
交通ご案内
お問合せ
大圓山 瑞龍寺 正門
 大圓山瑞龍寺の歴史は、明治42年(1909)、札幌の8名の財界人が、坐禅の修行を志して集まったことに始まります。 この方々の請いを容れて、禅の指導に当たられたのが、徳の人、聖僧とまでいわれた松島瑞巌寺第126世住職松原盤龍老師でした。 老師によってこの会は北海禅道会と名づけられ、会員の自宅を会場にして坐禅会が続けられました。
 8年を経た頃、北海道に臨済禅を広めなくてはならないとする盤龍老師の熱い志に導かれて、 師弟の間に坐禅会場としてのお寺を作ろうという声が高まりました。現在地に土地が求められ、 大正5年(1916)、坐禅道場が建てられました。開山である盤龍老師は、このお寺を大圓山瑞龍寺(ダイエンザンズイリュウジ)と名づけられ、 自らの師である相国獨園禅師を勧請開山とされました。またこの道場を北海道場と名づけられました。
 大正7年(1918)、盤龍老師の法嗣である三浦承天老師が2代住職に就任されました。
  松原盤龍老師、三浦承天老師を中心に、禅道会の人達の努力で、大正12年(1923)、現在の本堂が建築されました。 師の志を帯した承天老師は、その後、NHKから全道放送されるなど、精力的に教化活動を展開され、北海道中にその名を轟かされました。
 昭和10年(1935)、盤龍老師の後をうけて承天老師が松島瑞巌寺の第127世住職にご就任、 また老師はその後、昭和24年には大本山妙心寺の管長にまで進まれました。
本 堂
玄関(本堂入口)
坐禅堂(前門側)
坐禅堂(後門側)>
花園会館全景