本文へスキップ
札幌の瑞龍寺は本格的な坐禅堂で坐禅(座禅)参禅ができる臨済宗妙心寺派の禅寺です。どなたでも葬儀、法要、会議等が可能な花園会館をご利用いただけます。

法要と法話CONCEPT

盤龍老師開山忌法要 10時〜11時、 梅祭り 12時〜15時

 開山松原盤龍老師の遺徳を偲び、祥月命日の5月18日に開山忌法要会を巌修いたしました。法要は「琴古流竹友会」会員による尺八奏曲「調子」の奏と、道内法縁寺院の和尚様方の読経により巌かに勤められました。
法要終了後、秋田県開得寺住職 教誨師 新野 建臣 師による法話がございました。新野教誨師は瑞龍寺皆川住職が仏門に入る因縁を授けた方です。人はたまたまの貴重な縁を無為にせず、お釈迦様の教える三つの真理<諸行無常=執着心を無くせば楽になる。諸法無我=総てが相互関係の中にあり、自分は活かされている。涅槃寂静=その二つを真に理解し身につければ一喜一憂することなく生きることができる。>を念頭に、日々調身、調息、調心に心がけ、生かされている自分と人を大切にし、感謝の心で報恩の行を積む大切さを説かれました。
正午より瑞龍寺梅園にて梅祭りを催行いたしましたが、あいにくの雨で会場を梅園より本堂に変更して行いました。


開山忌偈頌


住職三拝


行道


新野建臣師法話
  
    普大寺 調子 (琴古流竹友会)

誕生会 花祭り法要 平成30年4月8日 13:00〜 法要13:30〜 於、本堂

 お釈迦様の誕生を祝し、誕生仏に甘茶をおかけしてお祝いする法要です。誕生会、灌仏会ともよばれています。法要の後、愛媛県光教寺住職 小田実全師より本年度の推進テーマである、「おかげさまの心」ということについて、「生かされている自分に感謝し、次の時代のためにも少しでもご恩返しをしていこうと願って生きることではないか」、そして強い自己責任がはたせる人間を育て、戦争や飢餓などで大変難しい今の社会を、「みんな違ってみんな良い」と認め合う世界が、私たち仏教徒の願いでありたいとのお話がありました。

春の彼岸法要  平成30年3月18日 午前11時〜 於、本堂

 好天に恵まれ多数の壇信徒皆様にご参集いただき、春の彼岸法要会が巌修されました。老師、僧侶による献経の後、壇信徒皆様方がご先祖の御霊へ焼香し、お水、供養米をお供えして彼岸でのご冥福をお祈りし、此岸にいる私たちの息災をお守りくださるよう祈念しました。続いて老師、七名の僧侶により、各ご尊家の卒塔婆を供養し霊前にお供えいたしました。
 法要後、皆川老師より、ご参集の方々に「宮城県より瑞龍寺に入寺し、毎年の冬の厳しさに慣れるのに苦労したが、今は寒さを受け入れ、それに耐え季節の移ろいを感じることができ、毎朝禅堂で坐禅を組むことのできる有り難さに、日々生かされている幸せを知る毎日であります。皆様も日々仕事や家事に励むことも修行のひとつで、それができることは幸せなことでありますのでご精進ください。」とのお話しがありました。法要後花園会館にて一同お昼を頂戴しました。

札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。 札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。 札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。 札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。


大般若法要 
平成30年1月7日 午後1時〜 於、本堂

 本堂において「大般若経600巻」の読経に代え、経典を大きく広げ転読し、壇信徒皆様の本年の息災とご多幸を祈念する法要がいとなまれました。
 法要には150名を超す壇信徒の方々が参集され、皆川老師自ら堂内を廻り、各壇信徒皆様の頭上に大般若経を開き、この一年間の無事を祈願いたしました。(転読の経典から吹く風を「般若(智恵)の梵風」と呼び、この風に当たれば無病息災間違い無しとされています。)
 法要では特別祈祷の木札を八名の僧侶により、一札毎に祈祷し、ご所望の尊家にお渡しいたしました。

札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。
老師の読経
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。
大般若経転読
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。
壇信徒への祈祷
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。
壇信徒への祈祷
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。
壇信徒焼香
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。
大般若会偈頌

開山忌法要 平成29年11月23日 午後1時〜 於、本堂

開山忌法要は開山盤龍老師の遺徳を讃え、「琴古流竹友会」会員による尺八奏曲の奏とともに巌修されました。法要の後、参集いただいた50名の壇信徒、北海禅道会の皆様に大本山妙心寺教学部長 野口善敬 師による記念講演があり、壁を背に坐禅を組む臨済禅の解説を起点に、動物と人との五戒を比べ、(五戒:不殺生=生き物を殺さない、不偸盗=盗まない、不邪淫=よこしまな性関係をもたない、不妄語=嘘をつかない、不飲酒=酒類を飲まない)人は動物にも劣るものがあり、日々五戒を意識し努力することが修行にも通じるとのお話がされました。

札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。

開山忌法要(三拝)
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。

行道・尺八吹鳴
札幌。臨済宗。妙心寺派。瑞龍寺。座禅。参禅。花園会館。北海禅道会。永代供養。法要。法話。 法話

開山忌法要ビデオ(尺八:琴古流竹友会)
(Fierfoxでは再生できません。映像が表示されない場合はActiveXを許可してください。

バナースペース